MENU

通学せず保育士になるには?

保育士になるにはとにかく資格が必要ですよね。

 

通常、保育士を目指す方が一番多く選ぶルートが、大学・短大・養成施設や専門学校に通学して、卒業と同時に資格を取得し保育士になることです。

 

では、通学せずに保育士になるにはどのようなルートがあるのかと言えば・・・
「保育士試験に合格する」ことです。

 

1年に1回の保育士試験は難関であると思われがちですが、現在、地域限定保育士試験を実施する自治体も増え、年2回の受験が出来るようになったこともあり、保育士になるには随分とハードルが低くなったと言えます。

 

効率的な保育士試験勉強法

 

保育士試験の知識が全く無かった私が養成施設や専門学校に通うこと無く、どうやって効率よく勉強し保育士試験に合格出来たのか?

 

これから、お伝えする保育士試験勉強法は、私が公立保育園の保育補助の仕事をしていた時に、保育士試験に合格したばかりで、まだ、保育士証も届いていないという、まさに合格したてほやほやの保育士さんから教えてもらった勉強法です。

 

しかも、その保育士さんは通信講座を始めて1年、一発で保育士試験に合格したというのです。

 

「保育士試験を1発で合格したなんて!」とても興味深く、色々と話を聞いたり、学習の進め方、苦手教科をどのように勉強し克服したのか?などアドバイスをもらったりしました。

 

私も同じ通信講座を受講して勉強していましたが、全教科一年一発では合格できませんでした。

 

2年目は、その保育士さんに教えて頂いた勉強法を取り入れることで、苦手教科も楽々覚えることが出来ましたし合格もできました。感謝!感謝!です。

 

保育士試験で大変なのは?

 

保育士試験で何よりタイヘンなのは、教科数が多いことではありませんか?

 

気が付いたら試験日まで間近なのにほぼ手付かずの教科が残ってる!!なんてことに。
あれもこれもやらなくちゃ・・・これをやってるとこっちが気になるし・・・・

 

そんな事になる前に、主婦・育児・仕事をしながら試験勉強をした経験から、隙間時間を上手に使った保育士試験の勉強法をお教えします!

 

まずは「勉強は座ってやらなきゃ!」という先入観から捨てましょう。
1度試験に失敗した私が一番初めにアドバイスを頂いたのが「ボイスレコーダー」を用意する事でした。

 

座って勉強する時間を作ることができれば一番ですが、学生さんでもない限りこれはなかなか難しいですよね。しかも、保育士試験の勉強では、普段縁のない法律を山ほど覚えなければいけないですし・・・

 

そこで、これを両方解消させられる「自分で読んで自分で聞いておぼえる」と言う勉強法を教えて頂いたのです。

 

文字を沢山読んでも覚えられない!

 

文字を目で追って、沢山読んでもなかなか覚えられないですよね。
特に私の場合、苦手教科でもあった「教育基本法」や「保育所保育指針」は声に出して読むのが一番!

 

1年目の挑戦では全文を書いて写してみることも試みたのですが、なにしろ時間がかかりすぎて・・・
「やってられんわ!」って途中で断念しました。

 

 

そこで、ボイスレコーダーに自分で読んだものを録音して、家事をしながらでも、移動中にでも、寝る前でも、ひたすら聞きまくるのです。
自分の声というのはなんとも気恥ずかしいもので、だからなのかとてもインパクトがあり、信じられないくらい印象に残りやすいのです。

 

驚くことに何度も聞いたものが出てくる教科を過去問で確認すると、思った以上に身についていることがわかります。
なにより「なんだこれ!?」とパニックにならないので、ヘンなひっかけ問題も平気になりますよ。

 

 

 

この勉強法のポイントは「自分の声で・・・」にあると思います。ものすごく記憶に残ります。
録音する時のコツは、「ゆっくりとした口調」「誰かに語りかけるように」読んでいくと良いと思います。

 

例えば、ドキュメンタリー番組なんかのナレーションて、とても聴き取りやすいですよね。あんな感じです。
それと、大事な箇所は「ここは!ポイントだからね!」と自分に教えてあげると更に覚えやすくなります。

 

もし、あなたが「勉強がなかなか身につかない」or「もっと効率的な学習方法はないか?」とお悩みなら・・・
今やっている勉強の空き時間に聴くだけですから、試してみる価値はあると思いますよ。

 

 


 

 

保育士になるには地域限定試験も受験しよう。

 

地域限定保育士試験は、待機児童解消対策の一環として、多くの保育士を確保するため、通常、年一回だった保育士試験を「地域限定に限り、二回目の試験を実施する」と言うものです。

 

この制度を上手に利用すれば「一年で一発合格」も可能になると思います。
2015年度現在、神奈川県、千葉県(成田市のみ)、大阪府、沖縄県、2016年度には仙台市でも実施されることが決まっております。

 

地域限定保育士試験のメリットとデメリットは?

 

保育士地域限定試験の最大のメリットは、何と言っても「早く保育士になりたい」方に大きく門が開かれてことですね。
地域限定保育士試験の合格科目と、年一回の保育士国家試験の合格科目は、いずれの合格も共通の扱いと定められています。
つまり、どちらの試験を受けても合格科目は、次の試験で受験する必要はありません。

 

2015年度の場合で見てみると、通常の保育士国家試験で不合格だった科目があったとします、この合格できなかった科目を地域限定保育士試験で合格すれば、地域限定の保育士としての資格が取得できます。

 

どうしても全国保育士の資格が欲しいなら、通常試験で合格できなかった筆記試験を地域限定保育士試験で全てを合格しておいて、地域限定で行われる実技試験は受けず、翌年の保育士国家試験で残りの実技試験を合格した場合、全国で働ける保育士資格が取得できるなんて事もできるようです。

 

取得できる資格の種類は、最終的に合格した試験、通常の保育士国家試験の場合(全国保育士の資格)、地域限定保育士試験の場合(地域限定保育士の資格)となるように決められています。

 

また、地域限定保育士試験は、その地域に住んでいなくても受験することが可能です。
例えば、東京に住んでいて神奈川県の保育園が通勤圏内なら、神奈川県の地域限定保育士試験を受験して合格すれば、神奈川県内であれば保育士として働くことが出来ます。

 

 

 

地域限定保育士試験デメリットは、合格すると地域限定の保育士として登録するわけですが、3年間は受験した地域での勤務しか出来ません。

 

しかし、4年目以降は通常の保育士資格と同様に全国で働くことが出来ますし・・・
通常の保育士と地域限定保育士で勤務内容や採用条件で不利益を受けることはありませんのでデメリットが大きな制度とは言えませんね。

 

地域限定とは言え、保育士になれるチャンスが増えたので、1年目で一発合格する事も十分可能になったと言えるのではないでしょうか。

 

尚、保育士地域限定試験の概要を簡単に書きましたが、受験資格・免除科目・有効期限など、詳細はご自分で一度確認してみるのが確実かと思います。


 

 

 

保育士になるにはテキスト・教材選びも重要!

 

本屋で市販のテキストを買って独学…というやり方もありますが、それでは「効率よく」という感じではないですよね。

 

まず、どんなテキストを買えばいいのか?すでに、ここから悩みが始まりますし、勉強を進める上で行き詰まったら、サポートやアドバイスを受けることは出来ません。

 

保育士試験の勉強をする上でお勧めなテキスト・教材は通信講座を取ってしまうということです。なぜなら、プロ目線でしっかりとポイントを押さえたテキストがあるからです。

 

保育士通信講座を受講しようと思った方なら、「ユーキャン」と「ヒューマンアカデミー・たのまな」が有名でどちらにするか?悩む方も多いと思います。受講料の安さで比べれば、「たのまな」なのですが、合格者数では、受講者数が多い分ユーキャン保育士です。

 

こんな回答では、無責任ですね。

 

私はユーキャン保育士講座を受講したので「たのまな」とは比較しにくい所ですが、仕事を持ち、家事もあり、40代と年齢もそこそこ高く、記憶力も衰え、勉強のコツもわからない人が一大決心をして、保育士通信講座を受ける場合は、ユーキャンに大きなメリットがありました。

 

ユーキャンを受講して良かった所は?

それは、まず、勉強してみようと一大決心した時、受講開始時期と保育士試験のタイミングに合わせて個人個人の学習スケジュールをたててくれることです。

 

私が受験した頃の保育士試験は一年に一度きりと決まっているので、うまく学習プランをたてて頑張らないと、合格のモチベーションを維持するのは難しいのです。

 

学習スケジュールを立てずにダラダラ勉強していたら勿体ないので、学習スケジュールを組んで頂けたのはとても助かりましたね。

ユーキャンのテキスト・教材はどうだった?

試験自体は6割取れれば合格できるので、細かいことをすべて覚える必要はありませんが・・・
「試験に出やすいポイントを押さえて」「効率よく」学ぶということが重要になってきます。

 

また、保育士試験は筆記試験の合格を3年間は合格が持ち越せますが、逆に言うと3年を過ぎてしまうと、もう一度、筆記を受け直さないといけません。

 

なので、保育士試験に合格するには「とにかく効率よく」勉強する必要があります。
その点、ユーキャンのテキスト・教材は効率よく勉強出来たと思います。

苦労した点は?

私は、2012年2月からテキストを読み始めることにしましたが、最初に手をつけたのが『社会福祉』だったので、一瞬にして覚悟が消えそうになりました。

 

難しい漢字が並び、法律関係の名前や文章に至っては、字が読めないという状態・・・
はじめはどれだけ目で文章を追っても、全く内容が頭に入ってこないという感覚でした。

 

8月には試験という現実を考えると、半年で受験に臨むのは難しいと実感、でもどうしても1回で合格したかったので、そこから試行錯誤の日々が始まり、この辺は、ユーキャン保育士を受講した私でも苦労しました・・・

 

 

私が感じたユーキャン保育士のメリットは・・・

 

受験も、タイミングが合わないから今回は受験せずに、来年にしようなんて気持ちを持ってしまうとなかなか合格できません。その点、ユーキャンは受験までのスケジュールを示してくれるところが励みになると思います。

 

さらにユーキャンは12カ月を標準学習期間に設定しています。
それを参考にすれば忙しい人でも、初めて勉強する人も無理なく勉強をスタートできます。
また、受講スタートから試験まで12カ月未満の場合は、次の試験まで添削、質問などのサービスも当然受けられます。

 

私の実体験からも「保育士試験を一発で合格するなら、解りやすい教材・テキスト」を選ぶのも合格への近道かなとも思います。